本間さま | 2020.3.15.SUN | 2020.03.15.SUN

未だ、ファスナー仕様になる前の21ozレギュラージーンズ。こちらのジーンズの表面をご覧頂きたいのですが、インディゴが染めてある縦糸がダメージによって擦り切れて穴が空き、緯糸のみ残った状態で修理を施すことによってできた白い部分。穴は大小合わせ10箇所にも及んでいます。その部分を生地の綾目に沿ってリペアがなされているのも印象的です。股の部分は前後左右全てを補強しており、ヒザ裏のヒゲ部分も擦れて補強の手が入っています。ここまでリペアと色落ちをさせたジーンズは思い出の1本となっているのは間違いないかと存じます。次の1本も【思い出が刻まれたジーンズ】をお待ちしています。